授乳中の腰痛は猫背が原因!猫背対策を紹介☆

楽な授乳姿勢

今回は、授乳中の腰痛についてとおすすめの授乳クッションを2点紹介します!

授乳する時の姿勢って結構大事で、猫背な姿勢を改善するだけで大分腰の痛みが改善できます☆

その為にも授乳クッションはなくてはならない必須アイテムと考えております。

うらら
うらら

当時寝起きに腰が痛すぎて、辛かった。本当に。

産後~首すわり時期まではどうしても、赤ちゃんの口に合わせてしまいがちで腰が痛くなります。
辛い腰痛を少しでも軽減できるように、オススメな授乳方法も紹介していきます☆

うらら
うらら

少しでも授乳が楽になるの嬉しいよね!

授乳をしていて腰が痛くなる原因

授乳をしていて腰が痛くなる原因は、1つです!

授乳姿勢が誤っているとすぐに腰がバキバキになります。

じゃあ、どうやって授乳すればいいのか?です!

病院で教わる主な授乳方法は、授乳クッションに乗せて横抱きにした状態で母乳を飲ませる方法が多いです。

この方法、間違えではないです。

ただし、授乳クッションに乗せて横抱きまではあっていますが、その時に赤ちゃんの口元におっぱいを持ってきていませんか?

それが、腰痛の原因になります。

間違えた姿勢で1日何度も授乳を行うと腰痛につながる

1日に1回の授乳とかなら、いいかもしれませんが、1日何度も間違えた姿勢で授乳しているとものどうしても、腕と腰に負担がかかります…。

授乳時に、赤ちゃんの口におっぱいを持っていくと猫背になります。

猫背こそ腰痛の原因になります!

1回10分~20分程度だとしても、1日に何回も続けていると腰にきます。

うらら
うらら

本当に腰が痛くて、授乳時間が眠いし痛いし辛くて大変でした。

「腰痛に悩まずに授乳をしたい」と思い色々調べた結果、良かった方法を紹介していきます。

腰に優しい授乳方法を3つ紹介☆

1つ目が、授乳クッションの上に乗せて横抱きで授乳をする。
ココでワンポイント☆赤ちゃんの頭が来る方の授乳クッションの下にクッションを入れて少し高さを出し、猫背を回避する

うらら
うらら

赤ちゃんの頭の下にクッションを置くことで腕の負担も軽減できるよ♪

2つ目が、お母さんの腰のあたりに小さめのクッションを置き壁やソファなどにもたれかかりながら授乳をする☆
ココでワンポイント☆出来れば床ではなく椅子やベッドなど座って授乳をした方が腰が痛くなりにくいです。

3つ目が、フットボール抱き。
ココでもワンポイント☆慣れないと前かがみになりがちなので、お母さんは壁などによしかかり、授乳クッションの上に赤ちゃんを乗せ頭の下にクッションなどで高さ調整をすると楽です!

うらら
うらら

フットボール抱きは、慣れなくて疎遠してたけどコツを掴むと楽に授乳出来たよ!

私が、当時見ていた授乳方法が写真付きで分かりやすく書いてあったサイトも載せておきますので参考にしてください☆

参考にしていたサイト

授乳を楽にしてくれたおすすめの授乳クッション紹介☆

続いて授乳を楽にしてくれたアイテムを紹介してきます!

「授乳クッションはなくてもやっていけるんじゃないか?」と思って産前に用意をしていなくて痛い目を見た私です。

うらら
うらら

腰が痛すぎて、慌てて調べました…

実際に使ってる授乳クッション

私が、実際に使っている授乳クッションを紹介します☆

前にも、買ってよかったもので紹介してありましたが、1歳になる今でも使ってます。(夜寝る前の授乳の時だけ)

産後で、1番利用頻度高かった授乳クッションですが、現在の厚さは↓

わかりにくいですが、10㎝少々暑さあります(;’∀’)

ちょっと厚さ無くなってますが、子供も大きくなっているので、問題なく授乳できます。

結構中の綿もビッシリ入っていて、第一印象は「ヘタリにくそう!」って思ってましたが、今も使えているので良いお買い物ができました♪

授乳クッションでオススメなもの1つ紹介☆

続いて、家では使っていませんが、桶谷に駆け込んだ時などに使う機会があって、しっかりした作りでオススメしたいのがこちら☆

桶谷式授乳クッション↓

名前からして、良さそう!

実際に使った時の感想は、「詰まってる感すごい!」です。笑

家にあるものよりも、しっかりしてる気がする…って、感じました。

授乳クッションのサイズによっても詰まってる感を感じやすいかどうか変わってきますが、商品の重量を比較すると↓

マーナ→699g

はぐまむ→660g

でした☆

…40gしか重さの違いないじゃーん!って思い出したが、綿の40gの差は大きい!!

あの軽くて白くてフワフワしたのを40gギュッと詰められてる差があるかないかで、結構違うものです。
※あくまでも個人の感想ですが…そのころには家にあったのへたってきてたのかな?けど、まだまだ買って2ヶ月くらいだったし…(゜-゜)

授乳クッションなくても何とかはなるが痛い目も見る!

産前は、授乳クッションにお金をかけるくらいなら他の服とか買いたいな~なんてお気楽に考えていたんです。

うらら
うらら

産前は枕やクッションで代用すれば大丈夫でしょ!なんて思ってたんです。

産院を退院した2日目には体がバキバキになり、2日目に夜な夜な授乳をしながら、どの授乳クッションが良いのか検索魔になっておりました。笑

なので、なくてもどうにかはなる授乳クッションですが、快適な母乳育児をしよう!快適な母乳育児がしたい!と思っているお母さん!

是非、授乳クッションなんてなくても何とかなる!なんて思わずに買ってください。

抱き枕や枕ソファのクッション色々試しましたが、授乳クッションに勝るものはありませんでした。

因みに授乳クッションは、授乳だけでなくソファに腰かけ携帯や読書、持ち運べるゲーム機などをする時も腕の置き場所ができてとっても便利な物なので、授乳以外にも使える便利なクッションとして購入してみてもいいですよね♪

体を楽にする授乳方法について☆3点まとめ

最後に今回のまとめです☆

腰痛撃退のためにも背中を丸めない姿勢で授乳をすることを心がけよう!

腕や肩の負担を軽減するためにも、赤ちゃんの方の高さを調整して、お母さんがリラックスした姿勢での授乳をしよう!

腕も腰も母乳育児も快適に過ごすのであれば授乳クッションは必須でした!

この3点です☆

授乳クッションについては、はぐまむでもマーナでもへたりにくくて、買って良かったって思える商品なので本当にオススメです♪

うらら
うらら

あとは、色とか形とかの好みで選ぶのがいいかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。